« 『はじめの一歩』森川ジョージ | トップページ | 『森のうた』岩城宏之 »

2004年9月14日 (火)

『なんといふ空』最相葉月

女性のエッセイ集にしては、
自己顕示欲や不平不満、見栄なんかが
(自分に覚えがある分イタイ)、
あまり鼻につかない、綺麗な文章でした。
けっこう辛いことも書いてあるのに?

作者像に、
「達観」あるいは「客観」の言葉が思い浮かびます。
ノンフィクションライターという職業柄なのか、
仕事や生活の年輪による自信のあらわれなのか。
羨ましくもあります(始終じたばたしてるから…)。

映画『ココニイルコト』のもとになった文が入ってます。
わりと短い文なので、ここからどう膨らませたのか、観てみたいかも。

|

« 『はじめの一歩』森川ジョージ | トップページ | 『森のうた』岩城宏之 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573698

この記事へのトラックバック一覧です: 『なんといふ空』最相葉月:

« 『はじめの一歩』森川ジョージ | トップページ | 『森のうた』岩城宏之 »