« ノーラ・ロバーツ | トップページ | 『もうおうちへかえりましょう』穂村弘 »

2004年9月20日 (月)

U-571

日曜日にTV放映されていました(やはりすごいカットのされっぷり)。

会社に『プライベートライアン』のDVDがあって、
これから観ようという人に、ある人からのアドバイス。
「ぜったいヘッドフォンで!
 弾丸が頭蓋骨を貫通するのがわかるよ〜」
ああなるほど。
当然冒頭シーンのことで、映画館で観た時には
画面に釘付けで、そんな音響演出には気づけなかった…。
ヘッドフォンで聴いてはいないけれど、
『U-571』の爆雷シーンの音響は良かった記憶があるので、
これから観る方は、大音量かヘッドフォンでどうぞ。

映画館での観賞後、一緒の友だちと、
「そういえばボン・ジョヴィって出てたっけ?」
「あれじゃない?通信兵」
「あー、レーダー係かと思った」
実に的外れな会話をしていた。
ロビーにいた人たちの心中のつっこみはいかほどだったのか。
(ちなみに友人の青年将校役でした)

戦闘シーンがかっちょよかったので気にしなかったけれど、
心理描写や成長プロセスはちゃっちいかも…。
10点中6点。

|

« ノーラ・ロバーツ | トップページ | 『もうおうちへかえりましょう』穂村弘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573702

この記事へのトラックバック一覧です: U-571:

« ノーラ・ロバーツ | トップページ | 『もうおうちへかえりましょう』穂村弘 »