« 『犯人に告ぐ』雫井脩介 | トップページ | 『百鬼夜行抄』今市子 »

2004年10月23日 (土)

『姫椿』浅田次郎

4167646048姫椿
浅田 次郎

by G-Tools

「凍てつく心を温める短編集」と書かれた帯が巻かれてる。

最初と最後の短編が良かった。本の構成って大事だなあ。
『鉄道員』『月のしずく』ほどのインパクトはなかった。
わたしが思う浅田さんの二面性…、
詐欺師のように優しい部分と破滅的な衝動の部分が、
極端に出ていないせいかもしれない。

一見(一読か…)投げっぱなしのようなのに、
実は話の中できちんと暗示、提示されている辺り、
直木賞作家の由縁。大衆文学ってだから好き。

|

« 『犯人に告ぐ』雫井脩介 | トップページ | 『百鬼夜行抄』今市子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573721

この記事へのトラックバック一覧です: 『姫椿』浅田次郎:

» 姫椿 [小便小僧のつぶやきfromベルギー]
姫椿 浅田次郎の短編集です。 (浅田次郎布教委員会はこちら。) 短編集と知らずに、読み始めました。 途中で話が全くつながらなくて、気が付いたのですが。 短編集な... [続きを読む]

受信: 2005年1月 4日 (火) 05時54分

« 『犯人に告ぐ』雫井脩介 | トップページ | 『百鬼夜行抄』今市子 »