« 参加 | トップページ | 『シルバーレイクの岸辺で』ローラ・インガルス・ワイルダー »

2004年11月 5日 (金)

料理

ken-wasyoku.jpg
Amazon

「suminiyaさん、料理は得意?」と男性に聞かれたことがあります。
「得意ってことはないですね」と返事。
日が経ってその人と会話すると、得意でない→料理できない→その人自身と同じレベル
→「相変わらず外食ばっかなの〜?」になってました。
ぽかーん。しばらく意味がわからなかったよ…。
しないわけじゃないよ〜。得意だなんて、
『木曜組曲』のえい子や『香菜里屋(かなりや)』の工藤のレベルでないと、
恥ずかしくて言えないんだよ〜。
(そういえば『木曜組曲』に「ビーフストロガノフが得意料理の法則」もあったな…)

いっつも時間がないので簡単なもの基本。
ケンタロウ氏のレシピは重宝してます。
ケンタロウさんのblog。ここのマイフォトにもレシピが載ってます。
そしてネットであちこちウロウロして自分の身の丈にあったものを探して試してます。
すごーくお料理上手な人の簡単レシピは単純にオイシイ。

|

« 参加 | トップページ | 『シルバーレイクの岸辺で』ローラ・インガルス・ワイルダー »

コメント

「料理が得意」って、本当に自信がないと言えないセリフですよねえ。
男の料理にイタリアンもフレンチも求めません。
ご飯と味噌汁とおかずという、普通のメニューを是非習得して欲しいです。(笑)

投稿: hinemosu_1 | 2004年11月 7日 (日) 01時17分

まずはメニュー作りから学べるかどうか…。
男の人って、メインしか考えられない人が多いですよね。
副菜まで気がまわってくれたら…(笑)

投稿: suminiya | 2004年11月 7日 (日) 03時29分

この本! わたしも持っています! 見つけて感激のあまりコメント。※随分前の記事にコメントでごめんなさい。
他にも「ケンタロウの基本のウチめし」「ケンタロウのフライパンひとつでうれしい1週間」も……。
実は、以前は親(言わずと知れた小林カツ代さん)の七光り?て感じの印象を持っていたのです。が、ある仕事でご一緒したら、なんとも明るく屈託なく思いやりのある素敵な方でした。この本にちらりちらりと出ている厨房、そこがキッチン&スタジオでした。
以来、一挙にファンになり、3冊も買ってしまいました。ケンタロウさんのお料理って、なんでも『強火でガッ』て感じで、そこが好きです。3冊も持っているのに、まるで使いこなせていない……。
ちょっとずつ、挑戦しようと思います。

投稿: さり | 2005年1月15日 (土) 15時15分

さりさん
わたし、三冊とも持ってますよ♪
この本のおかげで、みそ汁のだしを気軽にとれるようになりました。
いろいろ料理本もありますが、ケンタロウ氏がいちばん性に合ってます。
わたしも最初の印象は同じだったんですけど…。
料理、簡単においしくできるよ、やってみてよ、という姿勢が嬉しいです。
(その分、異端視されているというか、敵もいるような感じ?)
かまえずにお母さんと仲がいいのも気持ちいいです。
コレ↓なんかそんな感じです。
http://trc.cocolog-nifty.com/photos/foods/1_19.html
さりさんのお仕事は…、そうでした、編集さん。
カッコいい…(いえ、それだけではないんでしょうけれど)。
テーマひとつだけでblogを成立させているところが、
さすがの職業柄だなあって思ってます。

投稿: suminiya | 2005年1月16日 (日) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573733

この記事へのトラックバック一覧です: 料理:

« 参加 | トップページ | 『シルバーレイクの岸辺で』ローラ・インガルス・ワイルダー »