« 四字熟語 | トップページ | 『世界の中心で、愛をさけぶ』片山恭一 »

2004年12月19日 (日)

『春期限定いちごタルト事件』米澤穂信

春期限定いちごタルト事件
米澤 穂信

by G-Tools
小鳩くんと小佐内さん。中学三年の夏からの互恵関係。 同じ高校入学を決め、あることを誓い合った二人を試すかのような事件が続いていく。

通りすがりに手に取った書き下ろしの文庫本。ちょうど発売日だったようです。
けっこう早い時期に読んで感想がアップできるのって、なんだか嬉しいものです。

日常を舞台にした殺人の起こらないミステリ、軽妙な文章で楽しめました。
(つい先日、同じカテゴリの本を読んでぶん投げてしまったのもあるかもしれません)
小規模ながら、事件が成立していく過程、ちりばめられたエピソードを
連作の中から自分で読み出していく楽しみがありました。
登場人物の気持ちや行動がきちんと裏打ちされていて、昇華されていきます。
(本人たち的には昇華どころか高校生活はまだまだこれから、なのですが)
小道具のケイタイの扱い方が自然でいいです。
高校一年生にしては老成している二人、それにも理由あってのこと。
過去も知りたい気がするけれど、続きが楽しみな二人です。

これから米澤さん作品を、読みあさろう。
「このミス」に20位に入ってる作品もあるのね。うきうき。

|

« 四字熟語 | トップページ | 『世界の中心で、愛をさけぶ』片山恭一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573771

この記事へのトラックバック一覧です: 『春期限定いちごタルト事件』米澤穂信:

« 四字熟語 | トップページ | 『世界の中心で、愛をさけぶ』片山恭一 »