« 『さよなら妖精』米澤穂信 | トップページ | ニョロニョロ »

2004年12月27日 (月)

S.W.A.T

S.W.A.T コレクターズ・エディション
サミュエル・L.ジャクソン

by G-Tools

所属していたSWATチームで、相棒に振り回され続けていたストリート。
武器保管庫へ転属され、半年後にようやく復帰。
その頃ロサンゼルスでは、国際指名手配犯がとるに足らない罪から拘置されていた。

意外にも、わりとおもしろかった。
ありがちな話だし(ちぐはぐ感有り)、
SWATの描写はリアルなようでそうでもないのだけど。
銃撃戦や突入、作戦プロセスはきっちり順序良く撮り、
逆に登場人物の内面は想像の余地もなく、みたまんまという、
切り捨てっぷりがよかったのかな?
予告で流していた、「オレを逃がせば1億ドル支払う」までが案外長くて、
このエピソードを中心に組み立てればよかったかも、とも思う。
10点中7点。

・違うカメラで撮った絵の入れ込み方(なんて書けばいいんだ?)がうまくないような…。
・コリン・ファレルの眉の立体感がすごかった。

|

« 『さよなら妖精』米澤穂信 | トップページ | ニョロニョロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573777

この記事へのトラックバック一覧です: S.W.A.T:

« 『さよなら妖精』米澤穂信 | トップページ | ニョロニョロ »