« ティーケトル | トップページ | 村内美術館 »

2005年2月26日 (土)

『夜光曲』田中芳樹

薬師寺涼子の怪奇事件簿 夜光曲
田中 芳樹 垣野内 成美

by G-Tools

Amazonの紹介、作者名が連名になってる…(笑)
今回は祥伝社からの発行。
なんだろう、出版社に義理を欠いた田中さんが、
ちょっと間を持たせるためのシリーズになってるとか?

相変わらずなので、四十五分ぐらいで読める。
たぶん作者も読者もそのつもりのはずなので、問題なし。

以下、『巴里・妖都変』からの引用。ノベルズ版の88ページ目。

「岸本のやつが二度と戻って来なくても、あたしはべつに痛痒を感じないわよ」
 涼子は私に視線を向けた。
「泉田クンはどう思う?」
「そうですね……」
 慎重に、私は言葉を選んだ。
「生きていればうれしい、ということもありませんが、殺されたりしていれば、やはりかわいそうですね」
「つまり……」

わたしの中では、このやりとり、「……」の部分が最高傑作。
これを越えるものを今後に期待。
片仮名に開くのは、「木っ端役人」→「コッパ役人」が第一位。

|

« ティーケトル | トップページ | 村内美術館 »

コメント

>相変わらずなので、四十五分ぐらいで読める。
・・・立ち読みしようかしら?驚異の集中力で。(笑)

しかし『アルスラーン戦記』なんて、続きはいつ出るのでしょうねえ。丹野忍の絵が好きなんですよ。(おい)

投稿: nao | 2005年2月26日 (土) 19時58分

naoさん
立ち読みでいけますよー。
移動する時のお供には最適です(読み捨て御免、的)。
アルスラーン、数年ぶりに出た後、また数年出てませんね。
四文字タイトルが難しいのかしら(おい)。
丹野忍氏って若いおニイちゃんなんですよね、確か。

投稿: suminiya | 2005年2月28日 (月) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573814

この記事へのトラックバック一覧です: 『夜光曲』田中芳樹:

« ティーケトル | トップページ | 村内美術館 »