« 『夜光曲』田中芳樹 | トップページ | 彼女を見ればわかること »

2005年2月28日 (月)

村内美術館

murauti

東京都八王子市郊外にある、村内美術館に行ってきました。
家具屋さんの一郭にある美術館で、バルビゾン派、印象派を多く所蔵してます。
元々は村内会長の個人の収集だったものを公開しているわけですが、
投資目的というより、個人的趣味が色濃く出ていて好感が持てます。
ミレー、コロー、クールベ、ルソー、ルノワールなどの
高名な画家の絵画も、全て常設展示されています(貸し出し中のものもありますが)。
夜中、再放送されていたNHKの「迷宮美術館SP 西洋絵画の旅(再放送)」を観ていて、
行ってみようかと。家具ショップを利用したことがあったので、とっつきやすかったのもあります。
放映後の日曜は混んでいるかも、という心配をよそに、
なんとわたしとツレアイの貸し切りでした。堪能〜。
画家名失念しましたが、商人のお嬢さんの肖像画が素敵でした。
意外とコローが好きだったという事実も確認。
入場料は¥600。十年前に発行した図録の値段が落ちて¥2,000
(函入り、パラフィン紙がけです)。なんだかおトク感でほくほくでした。

なかなか遠いところにあるので、気軽には行けませんが、
併設(?)の延床面積13,500平方メートルの巨大家具ショップ
(ネットショップで検討していたものが、ことごとく揃っていました)、
若向けのOKAYブランドもあり、
やっぱり会長の趣味が高じたらしいBMW正規代理店のショールームも見応えあります。
中古車販売もしているので、ずらーっと屋外にBMWが!
MINIもたくさん展示されていて、楽しいです。
ドライブがてら訪問するにはいいかも。

雨の日の日曜日は・・・さんにTBさせていただきました。

|

« 『夜光曲』田中芳樹 | トップページ | 彼女を見ればわかること »

コメント

こんばんは、はるくです。
コメント&TB、ありがとうございました。

村内美術館、知りませんでした。
でも素敵そうですね。
いつか行ってみたいと思います。

貸切状態は良かったですね。
美術館は貸切状態に限ります!ってなのこっちゃ。

投稿: 晴薫 | 2005年2月28日 (月) 21時22分

はるくさん
ちょーっと遠いんですけどね。
意外な画家の作品がかなりあります。
小さい美術館なりのがんばりが見てとれます。

『語り女たち』は、文庫になってからでもいいと思います。
古くなるような内容でもないですから…。

投稿: suminiya | 2005年3月 3日 (木) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573815

この記事へのトラックバック一覧です: 村内美術館:

» レアリズム絵画の革命の意味 [雨の日の日曜日は・・・]
素朴な絵画。題材も色彩も地味。 大衆と日常に立脚した絵画ですが、これこそが革命的 [続きを読む]

受信: 2005年2月28日 (月) 21時17分

« 『夜光曲』田中芳樹 | トップページ | 彼女を見ればわかること »