« Mr.インクレディブル | トップページ | ドラムライン »

2005年2月 6日 (日)

『レインレイン・ボウ』加納朋子

レインレイン・ボウ
加納 朋子

by G-Tools

『月曜日の水玉模様』の片桐陶子が登場する、連作短編。
ただし、主軸になるのはもう亡くなってしまった人。
七人(七色)の女性は共感できるばかりではないのがリアル。
ミステリというほどの謎立てになっていないものが多い。
提示される可能性が少なすぎて、こじつけっぽく感じられる。
そんな中で、「藍」のお話がお気に入り。
キャラクターがいいし、「こんなもんでしょ」と納得できた。
…それに食べ物がでてくる話って好きなのだ。

続編ではないのだけど、旧知の人物がちらほら顔を出して、
しっかりその存在を示してくれるのもお楽しみ。
陶子も印象的で、良い役回りだった。
次も「7」にこだわったもので出るのかしらん。

|

« Mr.インクレディブル | トップページ | ドラムライン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573803

この記事へのトラックバック一覧です: 『レインレイン・ボウ』加納朋子:

« Mr.インクレディブル | トップページ | ドラムライン »