« ドラムライン | トップページ | ROYCE' »

2005年2月 9日 (水)

『Twelve Y.O.』福井 晴敏

Twelve Y.O.
福井 晴敏

by G-Tools

『亡国のイージス』→『川の深さは…』→『Twelve Y.O.』という、
いかにも目についた順に読んでしまったのだけど、やはり執筆順の方が良さそう。
『川の深さは』→『Twelve Y.O.』→『亡国のイージス』
(→『終戦のローレライ』→『6ステイン』とガンダム)。
今回は平バージョンか(仙石バージョンと桃山バージョンがある)、
と勝手に思って読むと、同じじゃん、などと思わずに済みます。
執筆順1に続き、2のタイトルも良いですね。
『川の深さは』『Twelve Y.O.』二作続けて乱歩賞に応募した
福井晴敏氏は、思えばずいぶん挑戦的な人…。

情報量のわりに、さくっと読めました。
刊行されるごとに追っかける作家さんになりそうです。

映画は、『ローレライ』が良さそうです。
キャストはいかにもだけど、仙石が真田広之の『亡国〜』よりは…。

|

« ドラムライン | トップページ | ROYCE' »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573805

この記事へのトラックバック一覧です: 『Twelve Y.O.』福井 晴敏:

» 福井晴敏さんの「ローレライ」観ました [Infocierge(インフォシェルジュ)]
♪人気ブログランキング参加中♪   率直な感想を言えば、ちょっとがっかりしました。 私は原作を読んでいたので、原作の重厚かつ(ちょっとくどい... [続きを読む]

受信: 2005年3月18日 (金) 11時53分

« ドラムライン | トップページ | ROYCE' »