« ウェディング・プランナー | トップページ | 『天国はまだ遠く』瀬尾 まいこ »

2005年3月10日 (木)

『氷菓』『愚者のエンドロール』米澤 穂信

氷菓
米澤 穂信

by G-Tools

神山高校を舞台にした、青春日常ミステリ、二作。

米澤さんの本は最新刊から遡って読んでいるので、
あんまり公平でない感想かもしれませんが…。

ちょーっと登場人物のワンパターンさが鼻につきました。
ここから読み始めれば、『さよなら妖精』『春期限定いちごタルト事件』
進化型として読めるのだろうけれど。
人物設定の意外性の部分が、実はステレオタイプなので。
アニメキャラっぽい女の子、へりくだっているようで選民意識の強い主人公。
でも、この設定を逆手に取って『さよなら〜』『春季限定〜』を書いているので、
米澤さんの探究心はなかなか一本気のようです。

ミステリとしては、もうちょっと爽快さが欲しかったです。
主役(とその周囲)以外の人物の取り扱いが粗雑で、
謎自体も謎解きも、独りよがりに見えてしまうからかもしれません。

なんとなーく設定の雰囲気が似ている、
『六番目の小夜子』恩田陸 と比較してみると、
人物の魅力が万人向けか、マニア向けか、の差の気もします。

愚者のエンドロール
米澤 穂信

by G-Tools
六番目の小夜子
恩田 陸

by G-Tools

|

« ウェディング・プランナー | トップページ | 『天国はまだ遠く』瀬尾 まいこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573820

この記事へのトラックバック一覧です: 『氷菓』『愚者のエンドロール』米澤 穂信:

« ウェディング・プランナー | トップページ | 『天国はまだ遠く』瀬尾 まいこ »