« 上野 | トップページ | 『イン・ザ・プール』奥田 英朗 »

2005年4月 5日 (火)

『図書館の神様』瀬尾 まいこ

図書館の神様
瀬尾 まいこ

by G-Tools

あちこちの書評を読むにつけ、瀬尾さんの評価は高いよう。
どうも、自分には合わないらしいので残念。

※以下、そんな感想になりますので、ご了承ください。

気に触ったのは…。

・仕事も恋も相手の対応次第の主人公
(冒頭の出来事抜きにしても、傲慢なわりに自主性がない…。
 許容されれば行くし、されないなら引くといった感じ)
・作者のみえみえな韜晦
(「想像以上に退屈な文芸部の顧問」と言わせてみたり、
 熱心に一年も文芸部の活動をしていた生徒に、
 「ら抜き」言葉を使わせたりする)

作者の若さというより、年齢の低さを感じた本だった。
自分のひねくれ度合いも感じたけれど(笑)

図書館で一気に予約をいれたので、『幸福な食卓』も手元にある。
どうしましょう…。

|

« 上野 | トップページ | 『イン・ザ・プール』奥田 英朗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573834

この記事へのトラックバック一覧です: 『図書館の神様』瀬尾 まいこ:

» 「図書館の神様」瀬尾まいこ [kinosy 本の感想]
図書館の神様最近話題の作家さん。ようやく手に取ることができました。軽くて読みやすい。さくさく読めます。しかし私には合わなかった。教師になるつもりが全くなかったくせに真面目に教師やっている人間が教員試験...... [続きを読む]

受信: 2005年5月 1日 (日) 21時51分

« 上野 | トップページ | 『イン・ザ・プール』奥田 英朗 »