« 『図書館の神様』瀬尾 まいこ | トップページ | さ・く・ら »

2005年4月 8日 (金)

『イン・ザ・プール』奥田 英朗

イン・ザ・プール
奥田 英朗

by G-Tools

直木賞受賞の『空中ブランコ』前作。短編集。
オモシロイです。
うさんくさい神経科医伊良部は、同姓の投手(元になっちゃいそうですね)が
モデルだそうで、そう思ってみるとビジュアルが簡単に浮かびます。
(かの投手もこのぐらいの明るさを持っていたら、いっそ得だったのになあ)

それにしてもわたしは気が小さいので、
簡単に作中の患者の行動に引っ張られてしまいます。
うわわわ、これ以上はもう無理〜!というところで
あっけらかんと話が終わる、の繰り返しでした。
この辺りのバランスのうまさが直木賞に繋がるのでしょう。
続けて次作を読むと、滅入りそうですが、
うまい具合に図書館の予約人数があと20人あります。


こちらの捕手の方も
読んでらっしゃいます。
「お薦めの本」もありました。
しかし、なんでもできる人だ…、
このラインナップって、普段から気軽に本を読んでいる人のものですね。

|

« 『図書館の神様』瀬尾 まいこ | トップページ | さ・く・ら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573835

この記事へのトラックバック一覧です: 『イン・ザ・プール』奥田 英朗:

« 『図書館の神様』瀬尾 まいこ | トップページ | さ・く・ら »