« 『午前の光』獣木野生 | トップページ | 『現実入門』穂村 弘 »

2005年4月16日 (土)

トルク

トルク


by G-Tools

超おバカ映画、バイク編!
西海岸の熱い陽射しがヤツらとオレの脳を灼く!

四輪乗りと喧嘩してー、地元のバイクチームと喧嘩してー、
喧嘩別れした恋人といちゃいちゃバイクで絡んでー
(バイクの上で絡むのではなく、バイク同士で絡むのダー)、
肉厚なねーちゃんが泡でバイクを洗っててー、
バイクのエンジンも灼けついてー。
だんだん観ている方の脳も灼けてくるので、
レーサーレプリカタイプのバイクで林の中を突っ走っていても、
列車の上でマトリックスリローデッドごっこしていても、
うひゃひゃひゃひゃ。突っ込む必要なんてあるんだろうか。
普通に美男美女な俳優が画面を賑わし、アイス・キューブが更に煽る。
一応ストーリーはあるのだけど、主役の「オレじゃない!」よりも
アイス・キューブの「イエーじゃねえ」の方が心に残る(吹いちゃったよ)。

10点中7.5点。
初めのうちは、もっとやっちゃっていいんじゃないのーと
おバカインパクトが弱い気がしたけれど、
噂のバイク、Y2Kのシーンで不満解消。
1.5点ぐらいはあのシーンのために。
理論上は時速400km出せるバイクといっても、
実際そのスピードが出せないなら意味ないじゃん。
でも映画ならそのスピードが出せるという、素晴らしい魔法。

この映画の楽しみ方については、
破壊屋さんの2004年10月のレビュー、
ボルシチさんのレビューを。
破壊屋さんでは満点、星5個がついていて、
でも管理人ギッチョさんの中では星5個と1個は同列なんだそう。
そんな映画。
ツレアイはバイク乗りなのでたまに解説してもらったけれど、
やはりバカすぎていろいろウケていた。
バイクに乗れない監督の無謀なアイディアを、
スタントたち(とCG)がよってたかって可能にしてしまったんだろう。

DVDレンタルを返しにいったら
レンタル落ちの「ターミネーター3」
ろっぴゃくはちじゅーえんで売っていた。
すかさず購入!バカ完成!

|

« 『午前の光』獣木野生 | トップページ | 『現実入門』穂村 弘 »

コメント

いやあ、自分でもすっかり忘れていたような記事にTBありがとうございます。
Y2Kの無茶苦茶さは今思い返してもすさまじいものがあります。
アレを乗りこなしてる主人公はニュータイプ、今風にいうならコーディネイターかもです。

あと、お祝いメッセージありがとうございます。
正直、実感は全然ないんですけどね~

投稿: ボルシチ | 2005年4月17日 (日) 01時48分

ボルシチさん
エンジンスタートの時に、
平面的に吹っ飛んでいた人たちも最高でした。
アニメの映画だったらハロも吹き飛んでいたことでしょう。

重ねがさねおめでとうございます。
彼女さんを周囲に紹介する言葉が
「奥さん」「妻」「にょうぼ」「よめさん」に変わるのですよ!
いつまでもお幸せに。

投稿: suminiya | 2005年4月18日 (月) 03時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573838

この記事へのトラックバック一覧です: トルク:

« 『午前の光』獣木野生 | トップページ | 『現実入門』穂村 弘 »