« ラ・トゥール展 | トップページ | 『夢の守り人』上橋 菜穂子 »

2005年5月23日 (月)

牡丹園

botanen

横浜中華街牡丹園へ。
頼んだのは、¥4.200のコース。
ダブルデート…というかデートのだしというか余計なおせっかいというか…だったので、写真は四人前の海鮮中華風茶碗蒸し。¥5,250のコースだと、生ウニになるのだけど、ツレアイはウニもイクラも駄目〜。
化学調味料控えめの、からだに優しい味のお料理。
あまり広くない店内は、有名人の色紙とお客さんでいっぱい。
小洒落た店にいこうかとも思っていたけれど、美味しいお店なら会話もはずむのだ。

ところで、「まねっこ乞食」って地域限定の言葉?四人中三人の横浜市内出身者は知っていたのだけど、北海道出身者には通じなかった…。

|

« ラ・トゥール展 | トップページ | 『夢の守り人』上橋 菜穂子 »

コメント

突然、初のコメント参加?ですが「まねっこ乞食」は、私も知りません。生まれはともかく、東京世田谷育ちです。映像放送関係の仕事をしてゐるので、禁止用語として、後年脳内削除したとも考えられますが‥‥‥。

投稿: 阿弥音 | 2005年5月23日 (月) 11時14分

阿弥音さま
あわわ、身の周りの人が現れると照れますね…。
お越しいただいてありがとうございます。うひー。

世田谷でなかったとすると、神奈川限定か、横浜限定か?
「やーいやーい、まねっこ×××ぃ〜」のように使ってました。
ほんとはこの歳になって口にするような言葉ではないのです。

投稿: suminiya | 2005年5月24日 (火) 04時20分

巨大杏仁豆腐かと思ってしまいました(笑)
ちなみに「まねっこ~」は確かに日常的に使っていましたよ←横浜出身者
限定語とはツユ知らず・・・

投稿: kumanomi_s | 2005年5月24日 (火) 19時12分

kumanomi_sさん
巨大杏仁豆腐も魅力的なのですけど(笑)
出汁入りの卵の白身のようです。
黄身が散らしてあります(グレードアップするとウニになる)。

言葉の善し悪しはさておいて、「まねっこ〜」は普通に使うものだと思っていたので、
素で「何それ?」と言われた時にはちょっと恥ずかしかったりしました。
東京でも言わないとすると、神奈川のその他の地域だとどうなんでしょうね?

投稿: suminiya | 2005年5月26日 (木) 02時10分

食べっこ動物なら聞いたことあるけどなぁ。

投稿: ボルシチ | 2005年5月31日 (火) 21時34分

ボルシチさん

なつかしーギンビス。確か銀座ビスケットですね。

ちなみに、その昔酔っぱらった男性が夜の帰り道、
踊る猫たち(複数)を目撃した場所だそうです。<踊り場。
まだ泉区が戸塚だった頃のお話…。

投稿: suminiya | 2005年6月 2日 (木) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573856

この記事へのトラックバック一覧です: 牡丹園:

« ラ・トゥール展 | トップページ | 『夢の守り人』上橋 菜穂子 »