« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日 (木)

in北海道10

junren

本日の純連。
二人して味噌ラーメンをたのんじまった後に、どちらかが塩にするべきだったと気づく。
食べちまった後に、ラーメンの写真を撮っておくべきだったと気づく。

あまり並ばずに済み、今まで食べた味噌とはひと味違い、そして美味しかった。
麺があんまり好みではなかったのだけど、ツレアイ曰く典型的な北海道の味噌ラーメンの麺とのこと(西山製麺?)。
どこに行ってきたの?と問われ、「純連で味噌ラーメン」「ああ、あのクドイところ」と妹にばっさり斬られたツレアイ。「見た目よりあっさりしてた」の言葉が続けられなかったのであった。
今度は兄弟店の「すみれ」に行ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月29日 (水)

in北海道9

ookurayama

本日の大倉山ジャンプ競技場(ラージヒル)。
ひえー!おっかねー!(『プリズンホテル』浅田次郎 風)
日の丸飛行隊の宮の森ジャンプ競技場(ノーマルヒル)が右手に…、写ってないや。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年6月28日 (火)

in北海道8

jps

本日のJPSメンソール。
JPSを愛飲しているツレアイがうっかり購入しそうになっていた。
「こんなマイナーな商品、誰が買うんだ?」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月27日 (月)

in北海道7

050626_1226003.jpg

本日のラッパチョウ。
円山動物園では放し飼い。わざわざこのために来たのダ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年6月26日 (日)

in北海道6

050625_1617001.jpg  050625_1616001.jpg

本日のモコモコ。と、モコモコ羊の前。

050625_1631001.jpg

羊のいる深川市聖マーガレット教会。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

in北海道5

050625_1323001.jpg

本日の瞰望岩(ガンボウイワ)。
今日は常呂郡留辺蘂(トコログンルベシベ)の温根湯(オンネユ)温泉から遠軽(エンガル)へまわりました(五年ぶりぐらいに車を運転。デンジャー!)。
青いお皿の特別料理にも記述があった場所です。

この岩を砦として戦った湧別アイヌが、この岩の下を流れる湧別川の一晩のうちの氾濫により十勝アイヌの全滅を誘ったという伝説。
小さな人のむかしの話にあったエピソードを思い出します。

記念に北海道プッチガイドさんのブログにTBさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

in北海道4

050625_1030001.jpg

本日のキタキツネ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月24日 (金)

in北海道3

050624_1102001.jpg

本日のクッシー。晴れてピカピカ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

in北海道2

050624_1330002.jpg

本日の毬藻諸氏。ずっしり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月23日 (木)

in北海道1

050623_1514001.jpg

本日の摩周湖。最高気温は30度を越え、暑い一日。晴れているけれど、その分ややもやってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯からのおためし投稿

旅行の必需品、乗り物酔い止め薬。周りの人がびっくりするぐらいに酔ってしまうので。薬も選ばないと効きすぎて昏睡するから銘柄指定。やっかいじゃのー。ということで、いってきます!
050623_0029001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月21日 (火)

GO!北海道

やったことのあるアルバイト。
ウェイトレス〜和食屋、釜飯屋、ラーメン屋。どれも賄いつきで、好き嫌いを克服した。
売り子〜ケーキショップ。ラッピングがものすごく下手くそだった。

変わり種は?
ほにゃららコーラのイラスト公募展、あんまりにも応募が少なかったそうで、賑やかしのイラスト描き。

ツレアイに聞いてみる。
新聞配達〜朝起きられなくて、迷惑した家族に辞めさせられたらしい。
つぼ八〜去年だったか、ビアガーデンでジョッキに ビールを注ぐ技術を披露してた。
工事現場の交通整理〜新品のヘルメットを盗られて、帰宅のバイクは現場のヘルメットを使ったそうな。

変わり種は?
昆布。

獲ってきた昆布をひろげて乾燥させる。

…その母方の実家近くの襟裳には行きませんが今週は北海道旅行。
お土産希望絶賛受付中。
(どうして赤いマリモとかエキノコックスとかムツゴロウさんとか言うの?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月17日 (金)

2005年前半メモ

読んだ本(でアップしていないもの)
『黒と茶の幻想』恩田陸=途中でいったんほったらかして『蒲公英草紙』を読んでしまった。分厚いんだもん…。
『夏の庭』湯本香樹実=いい本だった。映画をみてみたい。実物の庭がみたい。
『秋の庭』湯本香樹実=『夏の庭』ほどの完成度ではかったけれど。
『チョコチップ・クッキーは見ていた』ジョアン・フルーク=街の人の血糖値が心配。わりとちゃんとミステリしてた。
『西の善き魔女』荻原規子=文庫発行分。少女マンガだなあ。
『神の守り人』<来訪編><帰還編>上橋菜穂子=ずっとつきあうぞ。バルサ。
『虚空の旅人』上橋菜穂子=作者はマジでチャグムを追っていくようだ。侠気(?)を感じる。
『指揮のおけいこ』岩城寛之=若干情報が古くなった部分もあるけれど、持っている世界の広さには感服する。
『瑠璃の契り』北森鴻=二人の女性がどんどん生臭くなってきた。

立ち読みコミックエッセイ(すみません)
『監督不行届』安野モヨコ=意外と普通だった。ラブラブ。

観たDVD
『ボーン・アイデンティティー』=普通に面白かったけれど(マンガっぽい)、ヒロインがタイプでなくて残念。
『ハンテッド」=人物の描写が淡白すぎるような?でも尺が短いのでまあいっか。
『ターミナル』地味で評判がよくない、という評を読んだけれど(『TVTaro』だったハズ)、単に出来がよくないと思われ。脚本の詰めが甘すぎるのでは?
『セント・オブ・ウーマン』=今ごろになって。ラストまでかなりドキドキした。わりとアル・パチーノは苦手だったりするのだけど、やっぱり上手い。

あれ?こんなものだったかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年6月15日 (水)

りばだんす

じまんですが…。
いっそ観づらいとか首が痛いとかオケの音がとか、あるかもしれませんが。

ticket

嬉しい…!前回は二階のずいぶん後ろだったのでした。
チケットをみた時には一瞬意味がわからなくて、ためつすがめつ確認してしまいました。思わず透かしてみたりなんかして。
リバーダンスの10周年日本公演は10月12日から。
鍛え抜かれた太腿の裏側を拝んで参ります。
今のところ二回行くことになってまして、もう一日はそこそこの席です。
それにしてもチケット代が、うっひゃー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年6月13日 (月)

ザ・インタープリター

interpreter

もうちょっと気のきいた邦題だったら良かったのにね。原題のまま「通訳」ではあんまりだし、むずかしいところ?

アフリカの幾つかの国、その厳しい歴史や今現在までがモデルになっている。
自分的には、勉強不足の上、仮想国家マトボには大統領に二人のライバル陣営があり、ニコール・キッドマンの国連、ショーン・ペンのシークレット・サービス、大統領の警護班など、入り組んで絡む登場人物の名前と顔が一致しにくくってだいぶ損をした…。
10点中7点。
バスのシーンがいちばんだった。
全ての登場人物の感情の動きが過剰でなくて良かったな。
ニコール・キッドマンはほんとにべっぴんさんなので、見惚れてしまう。かっちりしすぎない衣装のセレクトがお洒落で、さりげなーい重ね着が素敵に似合っていた。キャスリーン・キーナー(ちょっと歳をとったけれど、やはり雰囲気美人)も同じく。あと、部屋のコーディネートも良し。衣装デザインとプロダクションデザインにポイント加算。あとニコールのルックス(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005年6月10日 (金)

『蒲公英草紙』恩田 陸

4087747700蒲公英草紙―常野物語
恩田 陸

by G-Tools

常野物語二作目。時代は明治、二十世紀になったばかりの頃。集落の大地主の娘のお相手に通っていた峰子は、そこでお嬢様の聡子をはじめその家族やある日訪れた「常野」の一族とも出会う。集落の日常や風習、人々の生活と共に語られる、あの美しい夏の記憶。

本屋対象&吉川英治文学新人賞受賞後初の小説って微妙な表現。初出は2001年なんだけど…。
『光の帝国』に出てきた人たちのその後が読めないことに残念なに思いつつも、「響く」「しまう」「遠見」などの言葉にグッときてしまう。ただ、常野物語というより、聡子の物語のような気もする。

※以下、未読の方はご注意ください。

続きを読む "『蒲公英草紙』恩田 陸"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005年6月 6日 (月)

リベリオン

B0000C4GMNリベリオン -反逆者-


by G-Tools

第三次世界大戦が終結し、地球という星の破滅を恐れた人類は戦争回避のために感情を抑制する道を選んだ。特に芸術に対する抑制、違反者への処罰は常軌を逸するものとなる。違反者を取り締まる「クラリック」は“ガン=カタ”〜銃を使用する武術の型〜を修め、その役割に務めていた。

こういう映画は設定をのみこんでついていけばいいのであって、揚げ足とりしても仕方ない。シーンをつくり込み過ぎておざなりになっている進行はご愛敬。
トレーニングを積んだとはいえ、クリスチャン・ベールの動きは若干キレがないし、ショーン・ビーンはガン=カタを修得しているようには見えないからだつきなのだけど、ただのアクション俳優には二人の演技はできまい…、うまいんだ。ショーン・ビーンて、あきらめの演技が良く似合うよな。エミリー・ワトソンとのシーンもストイックなようでエロかったりする。
容赦のない銃撃戦、ガン・カタは気持ち良く笑えるし(笑っちゃった)、ストーリー上必要な感情表現の他に挟み込まれたほんわかエピソードが邪魔にならないバランスになっている。
10点中7.5点。
ガンマニア、武術マニアの監督の、それに対する愛情だけが前面に出ない映画づくりの姿勢がけっこう好き。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年6月 4日 (土)

『図書室の海』恩田 陸

図書室の海
恩田 陸
4103971045

なんとなく、長編か連作短編かと思っていて、二作目を読み始めてようやく気づいた。短編集だった。
水野理瀬の短編、「夜のピクニック」の予告にあたる短編、「六番目の小夜子」の秋の姉、夏が主人公の短編が収められているので、出来不出来以前に愛着心がなだめられる。

どこかで会ったような光景だよなあと思いつつ、流れていく河を見送っていくような印象。
始まったところで終わってしまう話が多いのよ…、せめて海に辿り着くところまでみせてほしいんだけど。
…と、以前恩田さんがインタビューで語っていた、「話は開いたまま終わらせるようにしている」を思いだし、ディテールルだけでまんまと読まされてしまった自分に気づくのであった。くぅ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年6月 2日 (木)

火山高

B00008P0UO火山高


by G-Tools

おバカワイヤーアクションCGエフェクト格ゲー映画。
主役俳優さんがサッカーの稲本選手に似ていて困ってしまった(?)。

意味不明の巨大鉄骨セットでの攻防は、無茶苦茶でパワフル。
キャラクタ−設定、ストーリー共にオリジナリティが全くないものを、ゴリ押しで突き通すことで成立させている。
10点中6点。
必要のないものまで説明して逆にわかりにくくなっているシーンがあったり、アクション慣れしていない女優さんが格好悪かったりが勿体ない。
明らかにチャウ・シンチーの影響を受けて作られた映画だと思うけれど、映画全体の流れ、アクションの組み立て、効果的な映像の配置、キャラクター造形など、完成度は及ばない。でもすっごく楽しそうだしがんばって映画をつくっているので、邦画の現況を鑑みると羨ましくもある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »