« 『蒲公英草紙』恩田 陸 | トップページ | りばだんす »

2005年6月13日 (月)

ザ・インタープリター

interpreter

もうちょっと気のきいた邦題だったら良かったのにね。原題のまま「通訳」ではあんまりだし、むずかしいところ?

アフリカの幾つかの国、その厳しい歴史や今現在までがモデルになっている。
自分的には、勉強不足の上、仮想国家マトボには大統領に二人のライバル陣営があり、ニコール・キッドマンの国連、ショーン・ペンのシークレット・サービス、大統領の警護班など、入り組んで絡む登場人物の名前と顔が一致しにくくってだいぶ損をした…。
10点中7点。
バスのシーンがいちばんだった。
全ての登場人物の感情の動きが過剰でなくて良かったな。
ニコール・キッドマンはほんとにべっぴんさんなので、見惚れてしまう。かっちりしすぎない衣装のセレクトがお洒落で、さりげなーい重ね着が素敵に似合っていた。キャスリーン・キーナー(ちょっと歳をとったけれど、やはり雰囲気美人)も同じく。あと、部屋のコーディネートも良し。衣装デザインとプロダクションデザインにポイント加算。あとニコールのルックス(笑)

|

« 『蒲公英草紙』恩田 陸 | トップページ | りばだんす »

コメント

凄いですね。suminiyaさんは、映画のすみずみまでよく見ていると感心します。映画に説得力があるとか、なんの違和感もなく見られると言うのはそういうことなんですね。裏方さんの力ですかね。今は「裏方」なんて言わないですか?

投稿: 中年A | 2005年6月13日 (月) 13時29分

Aさま
どちらかというと、みとれていて筋が追いきれていなかったことに問題があるような気が…。
ベスパとメットも格好良かったです。色が渋いのです。
ショーン・ペンも過不足のない演技でしたよね。

投稿: suminiya | 2005年6月15日 (水) 02時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573867

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・インタープリター:

» 『ザ・インタープリター』  ☆☆★★★ [映画VS氣志團&タイガー]
UIP映画は「ほっとけないよ♪ 楠瀬誠志郎」じゃなかった 「ほっとけない 世界の貧しさキャンペーン」を応援してるそうだ。 本編フイルムの頭についてた。「ラブ・アクチュアリー」の監督脚本の リチャード・カーチスのライフワークだとか。 このCMに出てるのはブラッド・ピット、ペネロペ・クルス、 ジョージ・クルーニーなどそうそうたるメンバー。 興味のある方は↓ UIP映画 HP <監督> シドニー・ポ�... [続きを読む]

受信: 2005年6月15日 (水) 10時49分

» 映画「ザ・インタープリター」 [RAKUGAKI]
反戦映画としてのメッセージはよく伝わってくるのですが、いかんせん主軸の映画のスト [続きを読む]

受信: 2005年6月19日 (日) 15時34分

» ザ・インタープリター [AML Amazon Link]
ザ・インタープリター [続きを読む]

受信: 2005年7月31日 (日) 04時41分

« 『蒲公英草紙』恩田 陸 | トップページ | りばだんす »