« songcat cher -歌追い人- | トップページ | 『最後の願い』光原 百合 »

2005年9月 6日 (火)

亡国のイージス<映画>

aeigis

あぁぁやっぱり…、しょんぼり…。

真田広之の仙石伍長は思っていたよりハマっていた。如月行も案外。
何故だか自衛官たちは現場に入っても式服を着ていて、ガタイのいい中井貴一、吉田栄作あたりは見栄えするのだけど、そうでない人は辛い…。そして宮津を艦長でなく副長にした意味がわからない…、士官連中は年齢、階級が下がっている人が多い。役者の配置の都合上だったのか?
まず原作冒頭(=ラスト)のシーンがなかった時点で別物として観ようと思ったのだけど、そうは言っても原作を知らなければ意味不明な部分が多すぎる。省略した設定やシーンや人物の分がわかりやすくなっていればともかく、余分なシーンが間延びして残っているので気持ち悪い。
劇場内はカップルが多くて、女の子には辛いんじゃないかと心配してしまった。多少筋がわかりにくくっても男性陣は武器とオヤジが暴れていれば楽しいんだろうけどさー。原作を読んでいなかったら不機嫌になった女の子を説明してなだめることもできまい(←余計なお世話)。

何故かスケール感の出ていない<いそかぜ>より、撃沈される<うらかぜ>の迎撃されるまでの段取り映像がいちばんテンポが良かったように思う。アクションシーンはキレが悪く、会議シーンは如何にも説明くさいわりにあっさり切っていて役者の演技とのバランスが奇妙。編集を国内でしなかったのは失敗なのでは?
10点中5.5点。せっかくの映像化、もったいなかったなあ。

|

« songcat cher -歌追い人- | トップページ | 『最後の願い』光原 百合 »

コメント

げー、そうですか・・・今イチですか・・・(やっぱり?)
あれだけ総動員してやったのに、メカにスケール感がないのは悲しいですね・・・
大体あの話を映画に短くするにはかなり無理があるような気もします。
いや、そりゃデート向けじゃないでしょ、デート向けじゃ(笑)

投稿: kumanomi_s | 2005年9月 7日 (水) 00時55分

kumanomi_sさん
あの冒頭シーンがないんですよ!
という具合に思い切ってエピソードや背景を減らしてるんですけどね。
TV放映用のカットされた映画を観ているみたい。
メカ関係はねー、なんだかのっぺりしてました。
ギミックや武器の描写も愛情(笑)が足りてません。
銃撃の音だけは腹に響いてよかったです。
…今時はデートには「NANA」ですかね。

投稿: suminiya | 2005年9月 7日 (水) 23時54分

げげ!あの冒頭シーンがないんですか?!
それでどういう話になるというんでしょう。
ギミックや武器の描写に愛がないなんて、ひどいですねぇ・・・あの魅力の半分はメカものだというのに(おや?)

デートには「チョコレート工場」もよろしいかと・・・←実は個人的にはかなり楽しみにしています。結構予告をみると原作に忠実だし。

投稿: kumanomi_s | 2005年9月 8日 (木) 21時55分

kumanomi_sさん
冒頭=ラストシーンはキモだと思ってたんですけどね。
結局福井作品の映画化は、この一本だけ観ました。
「戦国自衛隊」はどうだったんでしょうねえ?

「チョコレート工場」の原作は読んでいないんですけど、ちょっとダークな感じがそれっぽいような。
「ナルニア」はディズニー製作なので、どうなるのかなー。

投稿: suminiya | 2005年9月10日 (土) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/573913

この記事へのトラックバック一覧です: 亡国のイージス<映画>:

« songcat cher -歌追い人- | トップページ | 『最後の願い』光原 百合 »