« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

『エンド・ゲーム』恩田 陸

4087747913エンド・ゲーム
恩田 陸
集英社 2005-12

by G-Tools

2005年の締めはこの本、営野物語三作目。
まっとうに、「オセロ・ゲーム」の瑛子と時子の続きの話で嬉しい。
おお、そう来たか!
瑛子と時子が夫、あるいはお父さんを待ち続けた年月に比べれば短いけれど、けっこう何年も騙されてたんだなあ。
新たに「包む」「洗濯屋」の言葉が。わくわくする。

「オセロ・ゲーム」からの伏線はともかく、「エンド・ゲーム」内での伏線はいささか未消化だし、終盤は文章自体が駆け足で散漫というか甘いような気もするけれど、『光の帝国』のあとがきでの約束が果たされたことに感謝!そんな気持ちになってしまう設定なんだから仕方ないよなあ。
まだ残っている約束を待ちつつ、また来年!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

ぶどうパンその2

budoupan2

普通に焼けるようになってます。ふふふー。
みかさんの本によると、粉200gに対してレーズン100g。いつも粉300gで作っているのに、うっかりレーズンの量は同じで作ってしまいました。でもまあ、ほど良い量です。レーズンはサルタナ。粒が大きめで柔らかくって、これも好み。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

HAPPINESS IS .......

半分ひやかしで行ったインテリアショップでみつけたものにすっかり嵌り、お互い予定していたプレゼントをロスト…。放心したツレアイはウェストバッグを置き忘れ(みつかりました)、小腹をなだめようと入ったカフェでがっつり食べすぎ、待機していた食材を料理するまでもなくなってしまった、そんなとんちんかんな12月24日。
でも別腹はしっかり用意!友人の結婚式の引き出物にいただいたシャンパンと、予約していたご近所のケーキ屋さんの「苺のデコレーションケーキ」。駅からちょっと歩いた小さな商店街の中にある小さなお店は、人の良さそうなお母さんと娘さんが切り盛りしている(パティシエはお父さんかも?)。口コミのグルメ情報ではポイントが高いのに、駅前デパートの攻勢に押されていそうな雰囲気。でも、丁寧に作られた素朴な味が大好き。バランスのとれたスポンジに、うわついていない上品でしっかりした生クリームがとってもおいしい。苺もきちんと状態の良いものを使ってる。みんな、ちょっと歩いて買いに行ってみて〜。
しあわせは、自分で確かめた地元の<おいしい>ケーキ屋さん。

20051224

というわけで、さりさんのMerry Xmas!!!ロマンチック版にTBします!!(C)はHAPPINESS IS .......さんでした!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月24日 (土)

あっさりシュトーレン

syutoren1

みかさんの本のレシピ。
どちらかというとハード系パンのイメージなのに甘いというギャップでそんなにそそられないのだけど、せっかくなので作ってみたらなかなかおいしい。本に記載のあるとおり、子供向け(笑)のやわらかタイプ。

syutoren2

成形を変えたものを切るとこんな。ピントが甘い…(泣)
コアントローがなかったのでラム酒につけたフルーツビッツ。
クリスマスまで一切れずつ食べるなどと言ってる場合でなく、すぐにばくばく。ふだんから作って食べれるシュトーレン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

アン・ジュアン,

enjuin

ア・ラ・カルトを観た後はフレンチを食べたくなるわけですが。
ぶらぶら歩いていて目についたお店へ。
宮益坂をちょっと脇に入ったところです。
いわゆるフレンチではなくフランス家庭料理みたい。
普通に食べると前菜+メイン+パンのセットが2,600だったかな?
一人予算は6,000〜ぐらい?
量は申し分ないのだけど、コストパフォーマンス的にはどうなのかよくわかりません。
カウンター席が寒いので参りました…。

ぐるなび

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

ア・ラ・カルト〜17年目公演

青山円形劇場の案内はコチラ
今年はいつものメニュー(=パンフレット)より印刷や紙がリッチになってました。ワインサービスにチーズはついてませんが(笑)「き・り・ん」の登場がちょっぴりアレンジ。
ゲストはパトリック・ヌジェ氏。
音楽家として秀でた人の初演技は、問題ナシです。勿論シナリオとシチュエーションで演技力を補っているのでしょうが、雰囲気づくりやダンス、もちろんアコーディオン、トランペット、歌唱は堂々として安定、安心。きみどり色(!))フレームの眼鏡コーディネートの着こなし、さすがなのです。パトリック氏の楽器の音色に合わせたのか、今回の音楽は全体的に華やかなアレンジになっていたような気がします。
自分的いちばんはメニューの読み合わせ。陰山さんと白井さんの畳み掛ける演技!
あと、色々なバリエーションのうち、実は身の周りに存在しそうな普通の女性を演じる高泉さんがけっこう好きです。

…片方の耳の不調は、円形劇場の特徴でもある身近な通路の登場に気づきにくい、慣れるまで声が割れて聴こえるぐらいでどうにか。
自分はまだ六年目?七年目?(年に何回か行ったり、行けなかった年があったり)ですが、もう十数年通っている姉は、「色々あっても年の暮れにこの舞台が楽しめるうちはだいじょうぶって思う」と。
そんな公演、今年も楽しかった!また来年!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

パニッシャー

B000BVVFQGパニッシャー コレクターズ・エディション
ジョン・トラボルタ(悪役)
トム・ジェーン ジョナサン・ヘンズリー
by G-Tools

またヒドい映画みちゃった…(懲りない)。
トラボルタの手当たり次第出演の一作品?
(バトルフィールドアース続編の資金集めとか…なんちゃって)

B00005L9NIバトルフィールド・アース
ジョン・トラボルタ(伝説の悪役)
フォレスト・ウィテカー ケリー・プレストン
by G-Tools

まああうあう呻いているラスト、情けなさっぷりが良かった。
主人公がたいそう冴えなくて、アーロン・エッカートとクリストファー・ランバートを足して三分の一に割ったような…(もうどんな顔だったか思い出せない)。脇役の無意味な登場が繰り返されて、…007ジョーズもどきやらギター侍(…じゃなくてなんだありゃ)やら隣人のでっかい女のセクシー見送りポーズやら…、本筋はどこだ〜見失ったぞ〜。

『愛する家族を殺された元FBI潜入捜査官が、自らの手で悪を裁く闇の私刑執行人“パニッシャー”へと生まれ変わる。(Amazon紹介より)』

あ、それだけだった。間延びしてて忘れちゃったよ。
主人公のTシャツ(着用するとパニッシャーに変身する)もぴちぴちに伸びてるし。
でも奥さん役がサマンサ・マシスなので許そう。
トラボルタ繋がりで出てたのかな?

B00009QI0Vブロークン・アロー
ジョン・トラボルタ(初めての悪役)
ジョン・ウー クリスチャン・スレーター
by G-Tools

10点中5.5点。
がんばってアクションしてたので。
バイクスタントが一瞬だけど格好いい。

しっかし「シン・シティ」を観た後だと、原作インサートのセンスのなさが際立つぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

アプッフェルブロート

りんごのパン好き〜!
ということで焼いてみた。でもなんかおかしい。
イメージしてたのと違うんだけど…。
底にフィリングを敷き詰めて、牛乳、生クリーム、砂糖のソースをかける?
スプーンですくって食べる?

appleferurotp1

あああ、違うんだよー、わたしの食べたかったのはこれじゃないんだよー。

appleferoto2

だいたい水分量がおかしくて分離してるし。
恥ずかしくてその状態の写真は残してないし。
薄力粉が入っているせいか冷めると固いし。
…りんごを焼き込んだおいしいパンが食べたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

『小説以外』恩田 陸

4103971061小説以外
恩田 陸

by G-Tools

まえがきにある通り、小説以外を集めたエッセイ集。
テーマをもっての執筆ではないので、あらゆる原稿が集められ、潔く(ほぼ)発表順に並んでいる。

本を読んでマンガを読んで、映画を観て。
勉強して働いてビールを飲んでうまいもん食べて。
夜中にのたうちまわって明け方呆然とし。
…恩田さんのペースは、それこそ幼い頃からあまり変わっていないように思える。
抱え込みテンパり型?
でも端から見れば、「それだけ充実しているならいいじゃない〜」といったところ。

それにしてもさすがの読書量である。
本読みの愛情を示す「本屋さんにあれば……」。
新古書店についての不快感が書かれていて(でも便利)、共感。そして締めが丁寧語になっているところが可愛らしい。
あと、おかしかったのは「『ネバーランド』ドラマ化に寄せて」のコメント、『高島礼子なら××』(その通りだ!)、「バーチャル飼い主」茶色っぽい、耳の長い、平べったくせかせか歩く犬〜が何に似ていたか。
たべものについての記述は気負いがなくて楽しく読める。
本読みの習いで、あの本やこの本の料理が食べたくってトライしてという話。
その他にも料理に対する執着が見え隠れ。オイルサーディンの缶をそのまま火に掛けて醤油をかける、なんて確かに旨そー。

夢中で読み切るような本ではないけれど、恩田さんの傾向と対策のためには興味深いし、笑える部分もあちこちに。恩田さんファンにはお薦め(逆に恩田作品未体験者にはお薦めできない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

ヤーコンのバターソテー

海を渡って届いた野菜たち。力強い〜。
サツマイモを煮ようと、皮を剥いていると…。
「これ、ヤーコンじゃん!(気づくのが遅い)」
剥き終わってから、レシピを探してみる。インターネット万歳!
『変色しやすいので酢水につける』
あわわわわ。

yakon

コチラのレシピを参考。とっさだったので、カラーピーマンなんてないけど。
あまーいレンコンみたいな食感。キンピラがいいみたい。その場合は甘みの調味料はいらなさそう。切ってヨーグルトに入れるだけという豪快な食べ方もあるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

『スローグッドバイ』石田 衣良

4087478165スローグッドバイ
石田 衣良

by G-Tools

『1ポンドの悲しみ』に続けて恋愛短編集を読んでみた。二十代の男女が主人公。

きゃーすかしちゃってもーう!たまりませんわ〜。
微苦笑しつつも、読めてしまうのは、文章力なのでしょうか。調子さえ合わせられればさらりと流れるままに。

登場の時は漢字だった名前も二度目からはカタカナ名前(青治ならセイジ)になるというルールも、慣れればちっとばかしムズカユイぐらいで。みょうな部分がひらがなであることもるーるるーる。
舞台の場所や身につけるアイテム、横文字の食事内容の固有名詞やブランド名が執拗なほどに羅列されるのは、借り物の符号で自己を確立させようとする二十代のリアルな表現なのだろうか?るるるるる?
(きのうタワーカフェでたっぷりのミネストローネがついたブランチがてら待ち合わせしたクリスマスカラーの取っておき輸入ランジェリーを身につけた彼女と泊まったホテルのシーツのほのかなハーブの香りを移したお気に入りヴィンテージジーンズにワークブーツを合わせて約束の銀座の北欧へ向かうためボブ・マーリーを聴きながら黄色のベスパでマリオンの前を通り過ぎるぼくの姿はまあまあだと思う、みたいな…?いやこんなひどい文は作中どこにもありません)
女性よりも性欲が強く、でありながらロマンチストな男性(わりとよく泣く)、オされなアーバンライフ〜、自分の知らない世界を垣間みることのできる本でありました。共感には至らないということでもありますが。
…どうも感想を綴っているとついおちゃらけてしまうのですが、けっこう楽しかったです。次に同じようなコンセプトの本が刊行されたら読むでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

Mac OS X Server v.10.4運用ガイド

 0764

4861670764Mac OS X Server v.10.4運用ガイド
佐野 章浩 米田 聡
九天社 2005-11

by G-Tools

いきなりいったいなんじゃらほい。
わたしの友人の著作です。凄いなー。
(内容はさっぱりわからんのだけど)
「部屋でApple純正モニタ使ってTVみるにはどうしたらいーい?」
などという低レベルな質問にも懇切丁寧に答えてくれてありがとう(笑)
これから本屋で平積み移動襲撃してくるぜ。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

パン焼きのためのかいもの

syotoningu

習慣的にパンを焼こうとしてるこの頃。なかなか難しい面もあるのだけど。←主に時間。つきっきりでないにしても三時間はかかる〜。
こっそり物を増やしていたり。デジタルスケールとか、この写真のベーキングシート/シルパット(便利べんり)とか。

そんでもって型に塗るショートニングも購入。洋物のパッケージってハイカラ(笑)だなあ。
…元々マーガリンの摂取を控えようと思ってパンを焼き始めたのに、マーガリンもショートニングも変わらないのね。先に調べろよって。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

安眠はどこに?

・毒を盛られる
・指を折られる
・腕を斬られる
・映画館の3階で銃撃に遭う
・映画館の2階で爆撃に遭う
・映画館の1階で居眠り探知されたら処刑予定(笑)

昨日切れ切れにみた夢です。
仕事がてんこ盛りになっているせいなのか、いつになく食欲が落ちる風邪でリンパ腺が腫れているせいなのか。
つらいです。起きるとぐったりです。
植物を置いたりお香を焚いたり、空気を変えてみて今日みた夢は、ツレアイが倒れたのち蘇生するものでした。
つつつつらいです。起きるとでっかい口内炎ができているせいか口が半開きになって、唇が乾いてぱりぱりです…。

かくなる上は。
仕事を片づけるしかないのでしょうか…。風邪も治せ…?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »