« ソーダブレッド | トップページ | 『夜市』恒川 光太郎 »

2006年4月16日 (日)

『古道具 中野商店』川上 弘美

古道具 中野商店古道具 中野商店
川上 弘美

by G-Tools

『古道具』『骨董』と出てくるとつい品物たちにまつわるお話に期待してしまうのだけど、そういう本ではナイ。曇りと小雨の続くお天気のようなあいまいな空気感でじんわりと進んでゆく。主となるのは現実味の薄い「若者二人の恋愛」「さえない店主と愛人関係」と、あり得るかもしれないけれど「店主の姉と愛人」。とにかく三つともぜったいにしたくない恋愛の形であった。空虚な恋愛に対して、作者の川上さんは男女のからだの交わりについてかなり固執しているようで、行為についての考え方や経験、シチュエーションなどが列挙されていて、モロな描写よりある意味キツイ(他人のセックス観なんて、酒の席でも聞きたいもんじゃないよな〜)。読みやすさのわりに、後味に妙な空しさ重たさが。
で、ネットで探してみると、そんな感想を持った人はあんまりないらしい。ふんわりゆったり淡々とした幸福感…あたりがキーワードのようである。実は「センセイの鞄」を読んだ時にもこの本と同じような感想を持ったのだけど、うがちすぎなんだろうか、自分?

|

« ソーダブレッド | トップページ | 『夜市』恒川 光太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/1396711

この記事へのトラックバック一覧です: 『古道具 中野商店』川上 弘美:

« ソーダブレッド | トップページ | 『夜市』恒川 光太郎 »