« フニクリ・フニクラ | トップページ | 高島野十郎展 »

2006年5月27日 (土)

『陽気なギャングの日常と襲撃』伊坂 幸太郎

陽気なギャングの日常と襲撃陽気なギャングの日常と襲撃
伊坂 幸太郎

by G-Tools
人間嘘発見器・成瀬、演説の達人・響野、天才スリ・久遠、正確無比な体内時計の持ち主・雪子。史上最強の天才強盗4人組が巻き込まれたバラバラな事件。しかし…。「陽気なギャングが地球を回す」に続く第2弾(「MARC」データベースより)。

最近の伊坂さんはおっかないところもあるので、「終末のフール」は手が出せずにいた(だって舞台設定がすでにおっかない…)。これはすんなり。ノベルズサイズがぴったりのシリーズにしてくれて嬉しい。章ごとの冒頭につく言葉の解説や、表紙も楽しいし。フランスパン喰って牛乳牛飲してるよ!
一章目と二章目からの趣ががらりとかわるのは、後書きに解説してある通り(そして後書きにあるように、前作のかなり重要なネタばれがあっさり書かれているので順番は守らないと危険)。その一章目は四人組以外の視点で語られていて、これがけっこう楽しい。成瀬(どんな公務員か)、雪子(アルバイトに何をやっているか)がからむ話が好きだなあ。ちらばったエピソードが鮮やかに集束していくあたりはいつもの伊坂作品。他愛のない会話に含まれていたことが当たり前のように重要な鍵になっていくのは、本当に感心する。逆に言えば、韜晦させるのが如何にうまいかということだろうけど。
自分にとってはお楽しみ本なので、このぐらいの雰囲気でまた続きを出してくれればと思う。今回あまり出番のなかった祥子、慎一、タダシくんあたりの様子をみたい。
映画はどうしようか…、くどくない作りだといいんだけど…。

----------
*second message*さんにTBさせていただきます。雪子についても言及されてます。

|

« フニクリ・フニクラ | トップページ | 高島野十郎展 »

コメント

お、早くも読まれましたね。私も買ってありますが、まだ山の中です。
この感想を見てかなり読みたくなりましたので、ひっぱりだそうと思います。
さりげなくちりばめられたキーワードの収束、っていうのがいいですよねー。

投稿: kumanomi_s | 2006年5月31日 (水) 23時33分

kumanomi_sさん
読みました〜。
単なる会話のネタ(と思わせている)がきちんと落ちるんですよ。
さりげなさに磨きがかかっているようです。
最近、kumanomi_sさんはノベルズづいてますねー。

投稿: sumi | 2006年6月 1日 (木) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/1957881

この記事へのトラックバック一覧です: 『陽気なギャングの日常と襲撃』伊坂 幸太郎:

» Google []
Google news and reviews [続きを読む]

受信: 2006年6月 1日 (木) 14時58分

» 「陽気なギャングの日常と襲撃」 伊坂 幸太郎 [Diary of 食・飲・読・旅・潜・泊]
人間嘘発見器・成瀬、演説の達人・響野、天才スリ・久遠、正確無比な体内時計の持ち主・雪子。史上最強の天才強盗4人組が巻き込まれたバラバラな事件。しかし…。「陽気なギャングが地球を回す」に続く第2弾。(内容紹介より) やっと読めたよ、ギャング第二弾。なんのことはない、前作をすっかり忘れていただけなんですが。 でもノリは変わらず。今回は短編をつなげていく趣向になっている。 なんで第一章がこんなに長いんだ、と思っていたら、あとがき読んで納得してしまいました。 まあ、変な人たちの特技も健在だし... [続きを読む]

受信: 2006年7月20日 (木) 01時49分

« フニクリ・フニクラ | トップページ | 高島野十郎展 »