2006年6月26日 (月)

ダニー・ザ・ドッグ

ダニー・ザ・ドッグ ダニー・ザ・ドッグ
リュック・ベッソン ルイ・レテリエ ジェット・リー

by G-Tools

いいいいくらジェット・リーが童顔のアジア系だからといってちょっと無理があるのでは…、ダニーボーイ
(いや、リー・リンチェイよりむしろ大好きなんですけど)。モーガン・フリーマンの娘にしては設定年齢が低すぎる女優さんは十八歳に見えないぐらいに老けているし、もうぐだぐた。

10点中6点。アクション映画好きでない人にはもっと辛かろう…。

なんだか昔のヴァンダムの映画を観ているような…、そのぐらいの作り(もっと品は良いけど)。ギャグとしてやってくれればいいのだけど、わりとマジというか、そうでなければ観客なめてんのかというか、しょーがねーなーとわかって観てる分にはアリだけど、マジで観ちゃった人は困るでしょう(笑)でもベッソンさんのアクション映画はいつもこんな感じか…。
監督は「トランスポータ−1,2」の人で、その時も思ったのだけど、そんなにアクションを撮りたい人ではないのではなかろうか?アクション監督も同じ人がついているので、殺陣としてはいいのに見せ方に愛情が足りない気がする。でも色調は抑えめで「ここどこ?アメリカなの?」的ヨーロピあーんな感じの画面がなかなか美しい。やっぱりジェット・リーの英語はあまり上手くないので、引き続き喋らない役というのも良かった気がする。
妙にリッチな調律師モーガン・フリーマンはそもそもなんでこの映画に出演OKしたんだろうとか、ボブ・ホスキンズは何年前からルックスが変わっていないんだろうとか、数々の謎を残しつつ、そのまんま終わっていくのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

トランスポーター2

Tp2
ちょっと気になるゲーハー、ジェイソン・ステイサム(いや、パンフレットにもそう書いてあったの…)。高飛び込み競技出身、モデル上がりという特異な経歴は身のこなしに現れていて、他のアクション俳優にない感覚。力の入れ具合とかポーズの取り方なんかが違うんだろうなー、重みが迫力になって面白い←ドルフ・ラングレンとはまた違う(笑)何故だかミョーな色気があるので、常に女性にモテる役。ゴースト・オブ・マーズとかミニミニ大作戦あたり、ギャクにすらなってる(ガイ・リッチー監督作はそもそも作品自体に女っ気がないから…)。

映画自体はまあほれ、リュック・ベッソン脚本のアクション映画だし〜。ちょーっとアクションの撮り方や編集が今イチだったけれど、88分の短尺なのでまあ良いのではないかと。そんな阿呆なというシーンも潔く言い訳していない。黒スーツ、マドレーヌ、クセ者警部とお約束事もそろってきたことだし、元々大義なんてないストーリーなので暇になったらまた撮ってほしい。
10点中7.5点。
イギリス人俳優を使ってフランス人プロデュース脚本監督(数名による)、アクション監督は香港、舞台はマイアミというなんだか笑ってしまう組み合わせの映画であった。
公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

ザ・グリッド

ザ・グリッド DVDコレクターズ・ボックスザ・グリッド DVDコレクターズ・ボックス
ディラン・マクダーモット ミカエル・サロモン ジュリアナ・マルグリース

by G-Tools

2004年7月にTNTで放送された本作『ザ・グリッド』は、野心的で見どころ豊富なミニ・シリーズ。9・11以降の世界における対テロ戦争を扱った内容だ。テロ組織がサリン・ガスを使ってロンドンを攻撃し、深刻な被害をもたらした。次の攻撃を予想・阻止するため、異例の(それだけに不安定な)協力体制が築かれる。チームに選ばれたのは、対テロ分析家たちと米英のエージェントたち。(中略)類似作品としては、人気ドラマ・シリーズ『24』(とりわけ、テロを取り上げた第2〜第3シーズン)が挙げられる。単純なスリルという点では、『ザ・グリッド』は『24』にかなわない。だが、撮影よし、アンサンブル演技よしの秀作ドラマであることは間違いなく、3つの大陸で同時展開するクライマックスはエキサイティングだ。(Amazon紹介より)

どーかなー。だいたい、多作品と比較で評価がつく作品って…(以下略)。
冒頭、サリン兵器のエピソードのみえみえな展開でちょっとげんなり。各キャラクー紹介のコンピュータデータ画面(古ッ!)が入るたんびにテンポが壊れて間延びするし。キャストに華がなくて、それを打ち消すほどの人物造形でもないし(特に女性キャストはみんな身勝手でかなりムカつく。大して美人でもないくせに〜(笑)!ディラン・マクダーモット(ザ・プラクティス。どうも女にだらしないっぽい役がよく似合う)+共演者のブルネット…、富士額が非常に気になるジュリアナ・マルグリーズ(ER)は好みじゃないのが痛い。ララ・フリン・ボイル(ザ・プラクティスでディランと共演)ぐらいのインパクトがないと辛いぜ)。まだしもテロリスト側の設定の方がわかりやすく進行に滞りがない。撮影、演出チームが違ったのだろうか?
レンタルで最初の一枚を観たのだけど、たるーくって次を借りる気にならなかった。もう一枚観れば話が完結して多少すっきりするのかもしれないのだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

ザ・ホワイトハウス―オフィシャル・ガイドブック

DVD一枚に収録してある二話分ずつ感想を書こうと思っていたのに、
日々寝る間を惜しんで最後までみてしまった。阿呆ですねん。
こんな本まで買っちまった。阿呆ですねん。

ザ・ホワイトハウス―オフィシャル・ガイドブックザ・ホワイトハウス
―オフィシャル・ガイドブック

アーロン ソーキン Aaron Sorkin 中俣 真知子

by G-Tools

1st,2ndシーズンの解説が詳しく書かれている。CJの身長もわかる(笑)うっかり観ていない分を読むとネタばれしてしまうので要注意。しっかしここに訳されている会話文とDVD本編の字幕におそろしい差があるのはどうしたものか?英語力が欲しい…。3rd,4thシーズンの本も本国では発売されている模様。日本でもぜひ!

2ndシーズンのレンタルは開始しているけれど、DVDボックスの発売ももうすぐ。一度放映で観た時に、脚本の妙に参ってしまった1話を観るのが楽しみ。

ザ・ホワイトハウス<セカンド・シーズン>コレクターズ・ボックスザ・ホワイトハウス
<セカンド・シーズン>コレクターズ・ボックス


by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 7日 (火)

プルーフ・オブ・マイ・ライフ(ひどい邦題)

予告やら公式サイトの紹介はぜんぜんアテになりません。
役者の演技はとても良いと思うのだけど、演出がまったくもって垂れ流しで…。
ただグウィネス・パルトロウ扮する娘役の不安定さを追っかけているだけで、話の奥行きを塞いでいる。
別に脚本が破綻しているわけではないし、どうにでもなっただろうに。もったいないなあ、もう。
音楽、撮影、編集の創意工夫がちっとも感じられない作品だった。
10点中6点。
んー、それなりに観られるのは、本当に役者のおかげでしょう。
グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス、ジェイク・ギレンホールは観ていて安心。
そしてホープ・デイヴィスが癇に障る姉役によくはまっていた。
(つーか、「癇に障る姉」にはめてしまったあたりが演出のイージーさ)
ライラック(オーキッドピンク)のコートを着てティファニーのオープンハートつけてるんだもん、ひえ〜(笑)

ワンダーランド駅でワンダーランド駅で
ホープ・デイヴィス ブラッド・アンダースン アラン・ゲルファント

by G-Tools

なかなか出会えない二人の物語。
この作品でも都会の女性を演じていたので、持っている雰囲気なんだろうな。最後の前向きな笑顔がよかった。

それにしても、精神に破綻をきたした数学者という図式は魅力的なのかしらん。
まったくかなわなかったけど…。

ビューティフル・マインドビューティフル・マインド
ラッセル・クロウ ロン・ハワード ジェニファー・コネリー

by G-Tools

*ジョン・マッデン監督は、寄り目の男性が好きなんだろか?ジョセフ・ファインズに続き…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

ザ・ホワイトハウス 1stシーズン1,2話

ザ・ホワイトハウス ― ファースト・シーズン コレクターズ ボックスザ・ホワイトハウス ― ファースト・シーズン コレクターズ ボックス


by G-Tools

やっとレンタルの順番が回ってきた!(以前TV放映をちらりとみてかなり気にいっていた。日本ではなかなかDVDが発売されなくて、今では国営放送はBSでしかやってくれない。アメリカでは打ち切りが決まってしまったような番組を、この先地上波にまわしてくれるものだろうか…)
米大統領と、その側近たちのお話(ざっくりすぎる説明)。
役者はひたすら台詞を喋りまくり、ひたすら歩く歩く。どれだけ中身の濃い脚本なんだと感心してしまう45分。
文化や宗教のギャップがありすぎて、時々「?」が湧くのは仕方ないとして、スタッフ同士のわりとくだらないやりとりがすげー楽しい。

1話。大統領は休暇中。トーク番組でドジった次席補佐官ジョシュを中心に、うっかりコールガール(コールガールとフッカーの違いって、職業名と蔑称の差なんでしょうか?)と寝てしまった広報部次長サム〜、大統領の側近たちの紹介が続く。ジョシュに取引を迫る宗教団体に広報部長のトビーが逆ギレ、いよいよのところで引っ張りにひっぱった真打ち大統領登場、その人となりをみせる。休暇中に自転車で木に体当たりしているだけあってややドジ、明確な方向性をもった人情を持ち合わせ、また頑固者の片鱗も。
2話。もう登場した途端にその話数の結末が見えてしまう軍医が登場。サムはまだ<うっかり彼女>とのつきあいを引きずっている。ジョシュの元カノがクライアントをクビになり、優秀な参謀を探している大統領陣営としては…、もう決まり?ジョシュが駄々をこねてるよ?

と、二話ずつ収録のDVDをレンタルしていたのだけど…。
うーん、ソフトケースのBOXが発売されるのか〜。買おうかなー。

ザ・ホワイトハウス <ファースト> セット1ザ・ホワイトハウス <ファースト> セット1


by G-Tools

今更ながら嵌っているので、しばらく続く。

**********
首席補佐官レオ役のジョン・スペンサー氏が急死されています。
映画「ザ・ロック」「交渉人」など、軍部や警察の役でよくおみかけしました。
ご冥福をお祈りします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年1月25日 (水)

スクール・オブ・ロック

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディションスクール・オブ・ロック
スペシャル・コレクターズ・エディション

ジャック・ブラック

by G-Tools

ROCK先生(偽)、だまくらかしてGO ON〜!

ジャック・ブラックは評判通りの熱演。
ルックスはどうしようもないし才能もあんまりないし人望もないし。
が、奇妙な動きとROCK魂は天下一品。
やっていることは滅茶苦茶だけど、全ての動機はROCK!(時々ちょっと欲もあるけど)
周りの人たちは、妙にピュアな瞳で心の動きを語られてしまって、しょーがねーなーと許してしまう。「たとえ映画の中であってもこんな男許せない!」とか思っちゃいかんよね。ルームメイトの彼女になっちゃう(あの生活レベルで14人掛けのダイニングテーブルを置こうとするって、げ〜)。

ジャック・ブラックはもちろんだけど、校長役のジョーン・キューザックが良かった。
パブでビールをすすってその気になってノッているところや、壁にはまって落ち込んでいるところが可愛い〜。「イン&アウト」ぐらいでしか観たことがなかったので…、いい役者さんなのね。
10点中7.5点。
かなり面白かったのだけど、周囲の人物描写の踏み込みがもうちょっと欲しかった。それぞれ設定が魅力的なだけに。
でも尺は短くまとまっていて、あーんなルックスの主役が暑苦しく動き回るのが楽しいって素晴らしい!

ところで、映画の中で使われているのはiMacにPowerBookなどなど、Apple社製品ばかり。
やっぱり音楽と映像はMacだ♪(最近はだいぶ差がないようだけど〜)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

キングコング

いちばんオイシイ思いをしたのは…、船長だ!
契約金とオプション料金がっつりもらって、新しい船を買って旅立ったことだろう。
てな感じで、あちこちでエピソードが削られている。
沼地でまるごとごっくんするぐらいなら、少年ジミーのエピソード踏み込んでよ〜。
怖いばーちゃんより、ある意味もっと恐ろしい思考のプロデューサーカールを描いてよ〜。
ちょっと期待しすぎていたんだなー。
アップはともかく、ロングになった時のコングの重量感のなさが非常に気になってしまった。
CG屋さんは、質感にこだわるより前に動きの追求をした方がいいのでは。

10点中7点。長すぎだけど、さすがに楽しい。

予告と違ってピーター・ジャクソン(特撮のようなお姿)が出てこないので気を取られず、映画自体には集中。
ジュラシック・パークより凄いシーンは堪能したし(横に隠れててもいいことがないという実証が嬉しい)、摩天楼のファンタジーシーンは泣けるし。特殊メイクのようなルックスの冒険活劇俳優は笑えるし。
アン(ナオミ・ワッツはパトリシア・アークェットとちょっと似てる。反っ歯なところ?)が優柔不断だからいけないのよ、浮気もん!と思えてしまう(人と同列に並べられる)ほど、キングコングの表情、演技は豊かだし。ちっちゃくてふわふわしてて可愛いものに惑わされてしまった彼が気の毒。あの島に、栗鼠やパンダでもいれば免疫ができていただろうに…。

リトル・ダンサー コレクターズ・エディションリトル・ダンサー コレクターズ・エディション
ジェイミー・ベル スティーヴン・ダルドリー

by G-Tools

ジミー役は、大きくなったジェイミー・ベル。
うまく育ったのかどうかは、「キングコング」だけではわからなかった。
まあ、同じく子役ブレイクのブラッド・レンフロと比べれば…(比べんなよって)。

ザ・クライアント 依頼人ザ・クライアント 依頼人
ジョエル・シュマッカー

by G-Tools

もー、また逮捕されちゃった。周りの大人は何をしてたんだ、何を。

なんだか半端な公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

パニッシャー

B000BVVFQGパニッシャー コレクターズ・エディション
ジョン・トラボルタ(悪役)
トム・ジェーン ジョナサン・ヘンズリー
by G-Tools

またヒドい映画みちゃった…(懲りない)。
トラボルタの手当たり次第出演の一作品?
(バトルフィールドアース続編の資金集めとか…なんちゃって)

B00005L9NIバトルフィールド・アース
ジョン・トラボルタ(伝説の悪役)
フォレスト・ウィテカー ケリー・プレストン
by G-Tools

まああうあう呻いているラスト、情けなさっぷりが良かった。
主人公がたいそう冴えなくて、アーロン・エッカートとクリストファー・ランバートを足して三分の一に割ったような…(もうどんな顔だったか思い出せない)。脇役の無意味な登場が繰り返されて、…007ジョーズもどきやらギター侍(…じゃなくてなんだありゃ)やら隣人のでっかい女のセクシー見送りポーズやら…、本筋はどこだ〜見失ったぞ〜。

『愛する家族を殺された元FBI潜入捜査官が、自らの手で悪を裁く闇の私刑執行人“パニッシャー”へと生まれ変わる。(Amazon紹介より)』

あ、それだけだった。間延びしてて忘れちゃったよ。
主人公のTシャツ(着用するとパニッシャーに変身する)もぴちぴちに伸びてるし。
でも奥さん役がサマンサ・マシスなので許そう。
トラボルタ繋がりで出てたのかな?

B00009QI0Vブロークン・アロー
ジョン・トラボルタ(初めての悪役)
ジョン・ウー クリスチャン・スレーター
by G-Tools

10点中5.5点。
がんばってアクションしてたので。
バイクスタントが一瞬だけど格好いい。

しっかし「シン・シティ」を観た後だと、原作インサートのセンスのなさが際立つぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

炎のメモリアル

B000A1ONNY炎のメモリアル プレミアム・エディション
ホアキン・フェニックス ジェイ・ラッセル ジョン・トラボルタ

by G-Tools

原題は"LADDER 49"。またひどい邦題がついてるな…、消防署における「49管轄区」「49分隊」とかそんな意味だと思うんだけど。いっそ「49個目のはしご」とかつかなくって良かったのか?(←嫌味)
9.11以降に作られた、消防署の日常や仕事ぶりをスケッチしてゆくまるでドキュメントのような映画。ホアキン・フェニックス扮する主人公を軸に、その恋愛や少しずつメンバーが欠けていってしまうような現場を淡々と追ってゆく(淡々としすぎていて、単純なはずの主人公の心情(責任感、使命感に厚い)が読みづらい向きもある)。起こる出来事や事件はいかにも順番通りなのだけど、何しろ現在進行形の火災を冒頭から引っ張っているのが面白い。
10点中7.5点。
抑制の利いた俳優の演技(特にトラボルタが目立つことを何もしない!いささか嫌な奴なロバート・パトリック(T2のヒト)も過不足ない)と演出に好感。グレードアップする繰り返しネタや子供たち、赤い車のエピソードの挟み込みが過剰でないいのがいい。
消火の現場で行われている地道な作業のプロセスも興味深い。途中、主人公が機材なしで壁を崩せと指示を受けた時には「無理だよ〜」などと思ったものだけど。コントロールされているとはいえ、実物の炎も美しい(えー、語弊があるかもしれませんけど、CGでないのがいいんです)。

同じく消防署を舞台にした「バックドラフト」のエンターテインメントなアプローチとはまったく違う。

B00081U4M0バックドラフト
カート・ラッセル ロン・ハワード ロバート・デ・ニーロ

by G-Tools

共通点といえば、主人公(若者)のルックスが気になって仕方なかったこと?
・ウィリアム・ボールドウィンの目は、どのぐらい垂れているんだろう…。傾斜角度は30度ぐらい?
・ホアキン・フェニックスの腹はどのぐらいはみ出てるんだろう…。3センチぐらいつまめる?

フェニックス兄弟のルックスの違いったらもう比較しても仕方ないほどだけど、ボールドウィン兄弟はみんな垂れ目傾向。いちばん耐えられるのはスティーブン君だろうか。何本か観た記憶が…。
フレッドB00005HCEIという映画には、ローレンス・フィッシュバーン(マトリックスのヒト。その昔の芸名は微妙に違った)やらサルマ・ハエック (デスペラードとか)やらが出てたなあ。あ、DVD未発売だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おでかけ | たべもの | グルメ・クッキング | 日記 | 映画 | | 音楽